2008年05月31日

道行き

歩いて、歩いて、これ以上と無いくらいにあるいて、たどり着いた先にまた新たな道が広がっていたとして、そこからもう一歩歩き出せるのか、それとも立ち止まるのかは、個人の自由だろう。なにせ歩いている道は、じりじりと回りつづける球体の上に存在している。私が、君が、人々がその上で止まろうとも、球体はじりじりじりじり動きつづけている。
しかしなんら焦ることは無い。そこに新たな道があるのなら歩き出せばいい。立ち止まろうなど考えなくともよいのだ。押えきれない好奇心と前だけを見つめるまっすぐな瞳。その二つを曇らせるのはなんとも勿体無いものだ。
もしかしたら「たどり着く」場所というのは、ぐるッと一周してきたスタート地点かもしれない。それは歩いてきた距離に比例するように、概念だけの場所になり、私がそこにたどり着いたとしてもきっと、ゴールめいた顔はしてくれないのだろう。
新たな道だと思う場所は結局のところ、一度通ったことのある道だ。ただひたすらに前だけを見てきた私にとっては足元の道の色すら見ていなかったということだ。大きくて丸い球体の上を歩いているわけだから、最終的には元の位置にもどってくるのだろう。
人の(というよりは私の)運行というものはあっちこっち歩いて球体中に自分の足跡をつけようとする行為のことだ。満遍なく足跡をつけようとその場で足踏みしてみたり、少し面倒くさくなって大きく歩いてみたり。途方も無い地平線に時には恐怖しながら、それでも新しい道に向かってずんずん歩いてゆくのだ。
しかし悲しいかな。球体は大きくて足跡はまばらにしかつかないことに、私は後何年歩けば気づくのだろうか。
取りこぼしがある気がして、後ろを振り返り振り返り歩いている時間のなんと勿体無いことか! 前を向くのだ。どうせいつかスタートに戻ってくる。そのときに新たに歩き出し、埋め忘れていた(或いは故意に埋めなかった)場所を力強く踏みしめるのだ。












【散文詩的挑戦】
posted by さと。 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

ひたむきムーンシャイン


あのね、あたし知ってるの!
月は海に片思いをしてるのよ

海の上を行く船を
優しく優しく照らしているし
月の上を行く船に
想いを伝えてって叫んでいるの

月は自分をさらさらこぼし
永遠と背中合わせの
真っ暗な距離を必死に
埋めようとしてる

けなげよ けなげよ
真っ白な月
こぼれる砂を
そっと受け止めて 私
貴方に乾杯するわ!







【詩極テーマ掲示板に投稿。テーマは「砂で乾杯」でした】
posted by さと。 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

もう三ヶ月も前から
たんすの奥に
嘘 が隠れている

隠れていることが
存在意義である嘘が。
見つからないことで
存在してゆける嘘が。

こっそりこっそり
自己主張をはじめる
そのうち嘘は
完全にたんすから顔を出し
平気な顔をして
真実であろうとするのだろう
(嘘は嘘であることを放棄し昇華したのだ)






.
posted by さと。 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

りんね・2

こえをあげるわ
あなたがさびしくないように
わたしのこえの
さいごのいってきまで

ぜんぶもっていっていいわ
それであなたが
あなたにかえれるというなら
ぜんぶもっていっていいのよ

わたしはいつでも
うまれてくることができるのよ
だからえんりょはいらないのよ

ぜんぶつかって
わたしをつかって
あなたになって






.



posted by さと。 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

はちみつキューブ

流れるはちみつを
ギュッと固めた

流れる言葉を
そっと握った

それは
形を変えて
私のものになってゆく





タイトル変更しました。

はちきゅ、は「はちみつキューブ」の略なのですよ。
89でもはちきゅーでも、お好きにお好きに。






.
posted by さと。 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

アゲハチョウ・シンドローム

極彩色の服の波を
すり抜けるように
飛ぶ アゲハ

都会の大通り
ビル風に翻弄され
休む先はレプリカの牡丹

そこに蜜はないよ
そこに愛はないよ
あるのは欺瞞と
欲に満ちたヒト ヒト

それでも
愛を求め 安らぎを求め
ヒトを求めて
飛ぶ アゲハ






.
posted by さと。 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ソネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

会議 ―我々は民意の代表である―

会議する白い外套の賢者達
その中から俄かに沸いて出た
一匹の真っ黒なカラス
やたら達観視する賢者たちを
片っ端からつつきまわす


『車道を割って生えてきた
雑草を踏みつけるニンゲンの生命力!』
『打ち捨てられたリヤカーに乗った
ちっぽけな正義の行方!』
『あぁ、あんなにも満ち溢れた愛が
いつかは枯渇するのだという事実!』


賢者の間を縫いながら
真っ黒な羽を躍らせ喋る

『セイギダ! アイダ!』

賢者達が一心不乱に会議する中
カラスは直も喋りつづける

『ニンゲントハ カクモ モロイモノナノダ!』

そのうち一人の賢者が
おしゃべりカラスを握りつぶした
権威を乱すものなりと
もっともらしい理由をつけて
賢者たちはまた
静かに話はじめた






.
posted by さと。 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。